「ほっ」と。キャンペーン

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 20日

手作りブルーベリージャム!!

先日、ブルーベリージャムを作ってみました!

冷凍のブルーベリー1キロが安かったのでジャムでも作るかと思いつきでした(笑)

e0306213_22141870.jpg


冷凍のまま、ブルーベリーを鍋に入れて弱火で火を入れていきます!

※水などは一切入れません!

e0306213_22164538.jpg



しばらくするとブルーベリーの水分が出てきます!

この時に、灰汁(あく)も出てくるので丁寧に灰汁を取ります!

e0306213_2218987.jpg


水分も充分出てきて灰汁も取り終わったら、グラニュー糖を入れていきます!

砂糖はブルーベリー1キロに対して35%〜50%の量を入れる事をオススメします!

今回は45%(450g)のグラニュー糖で作りました!

砂糖が多ければ長く持ちます!(2週間くらい)

e0306213_22221366.jpg


砂糖を入れて煮詰めて行きます!

※この時レモン汁も少し入れます。

どの程度まで煮詰めるかはお好みで決めます!

e0306213_22231424.jpg


出来上がりました!


煮沸消毒したビンなどの容器に詰めて蓋を逆さにして冷やします!

その後は冷蔵庫で保管して下さい!


やっぱり自分で作ったジャムをトーストに付けて食べると格別ですね!


紅茶と一緒にジャムでロシアンスタイルで紅茶を飲んでも美味しいです!

僕は紅茶の中にジャムを入れないで、スプーンでジャムを頂きながら飲んでいます!

ロシアンティーはロシアでは通じないそうです!


詳しくは↓↓↓をご覧下さい!




ユーリャ・ブリンチクさんの本業はイラストレーターです!

素晴らしいイラストばかりです!






by dreamwing2013 | 2017-02-20 22:32 | ジャム作り | Comments(0)
2017年 02月 11日

マリアージュフレール

先日、銀座のマリアージュ・フレールに行って来ました!


紅茶が好きでよく飲んでいます!

こちらの紅茶専門店はフランスのパリを拠点にしてるお店で、紅茶と言えば
イギリスと言う方も多いと思いますが、その国によって文化が違っていて、
イギリスはどちらかというと砂糖をたっぷり入れたミルクティーを良く飲む事が多いようです。
フランスは、香りに凄く拘る文化があります。いわゆるフレーバードティーという
紅茶が多いように思います。

マリアージュ・フレールは17世紀から続いている老舗フランス流紅茶専門店です!

詳しくはココをクリック!!!


e0306213_11224062.jpg


外観はオシャレな感じです。パリのお店と同じデザインのようです。


e0306213_11295612.jpg


店内には様々な独特のマリアージュ・フレールな世界観のポットやカップが置いてあります。

形は素敵ですが、お値段は素敵とは言えないかもしれないです(笑)


e0306213_11301042.jpg



こちらの銀座店には様々な国から集まった常時500種類もの茶葉が揃っています。


e0306213_11415858.jpg


本国フランスと同じシステムを採用していて、自分の好みをギャルソン(店員さん)に
伝えて、香りのテイスティングが出来ます。この香りが好き、この香りは苦手など
ギャルソンとのやり取りも楽しい一時だと思います。



残念ながら無料での試飲はさせて頂けません。銀座店にはサロンが併設されていて
そこで有料で紅茶を楽しむことは出来ます。


僕の好みのオススメの茶葉を紹介します。


マルコポーロ (代名詞的な存在)

アールグレイ フレンチブルー

アールグレイ ドール

ロシアンブレックファースト

ウエディング インペリアル

カサブランカ

ボレロ

ローズディマラヤ (ダージリンセカンドフラッシュ)

グラン ボア シェリ


こんな感じですかね!

茶葉の質は高いのは勿論のこと、全て天然由来の香料で
香り付けがされています。


興味がある方は是非試されては如何でしょう?紅茶のイメージが変わるかも
しれません!



この他にも様々な紅茶メーカーがありますが、それはまたの機会に!


by dreamwing2013 | 2017-02-11 12:15 | Comments(2)