「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 27日

Small & Big HUSTLER

またまた、久々の更新です!

皆さん如何お過ごしですか???

僕は元気です!


半年前に車を買ったのですが、選ぶのには様々なメーカーの様々な車を見てきました。

スポーティーな車からSUV、コンパクトカーまで色々見てきましたが、色んな事を総合的に
考え維持費が安い、軽自動車にしました。


e0306213_22144112.jpg



スズキのハスラーを選びました。

契約当初から人気でしたが、更に人気が加速してみたいで生産が追いついていないと
言う現状が今でも続いてるらしいです。

2015年日本カーオブザイヤー最優秀賞に輝いた車です!


オートカラーウォード2015グランプリ受賞!

2014-2015年次 日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞!

軽自動車ではSUVと言うジャンルが無く新しいジャンルに目を付けた結果、アニメの世界から
飛び出てきたようなポップなデザインが何とも良い感じです!


しかし、僕が知ってる昔の軽自動車と今の軽自動車では全く違いました!

軽だからと言って馬鹿にされがちですが、コンパクトカーより空間が広く感じますし、
フルフラットになる室内でエアーベットを膨らませば車中泊も余裕で出来ます。

(メーカーで車中泊セットをオプションで出してます) 高いので僕は安いエアーベットを使用してます。

そして冬の時期には有り難いシートヒーターが完備され快適な運転が出来ます。
地上高が高いのでラフロードなどの走行も可能です。

横滑り防止機能もちゃんと装備されています!

自動ブレーキシステムも搭載してます。

エンジンスイッチ (プッシュスタート)搭載。

そして、エンジン音が静かなんです!

そりゃ、エンジンを高回転に回せば多少うるさくはなりますけどね。。。

売れているのも納得が出来ます。

売れていると、当然ながら社外パーツもドンドン増えていきます。
自分らしいカスタムをしていきたいなと思います!

最近の主流である威嚇したようなツリ目調のライトじゃなく可愛らしい丸いライトも好感が持てます。


候補の一つに、MINIもあったんですが現在のヨーロッパ車は電圧まで
コンピュータ制御になっているらしくむやみにいじることは出来ないそうなので、
ある意味鈍感な国産車の方が色々取り付けられます。

僕のハスラーのヘッドライトはLEDバルブを自分で取り付けて見ました。


小さいけど存在感と出来る事は大きいです!

2013年の年末に開催された東京モータショーでも大注目の車でした。

夏はキャンプやアウトドア、冬はスノボやスキーなどのウィンタースポーツと実用性も兼ね備えながら
ちゃんとSUVに仕上がっています。使い方は人それぞれだと思いますが、
発想次第ではもっと広がる使い方が出来るかもしれません。

遊べる軽と言うフレーズで登場したこのハスラーですが、スズキの鈴木修会長の鶴の一声
で開発され、足かけ約2年という短期間でこの車を世に出したそうです。

通常の乗用車は開発から販売開始までに掛かる時間は5年〜6年と言われています。

エンジンは燃費の良いNA(自然吸気)エンジンですが、スズキのR06Aと言う
エンジンはトルク重視のセッティングになっているらしく力強い走りをしてくれます。

以前に某T社のハイブリット車をお借りして乗った事がありましたが、なんか
自分には馴染めない感じでやっぱガソリン車が良いなと僕個人的には思いました。

スズキの実燃費テストでは29.2km/Lを出してます。

僕のハスラーの実燃費は約19km/Lくらいです。

高速道路も東名高速や中央自動車道を走り、常識的な範囲でのスピードでは
全く問題無いです。凄く飛ばしてる方も居ますが、赤く光る何かに追いかけられる
事もありますので、その点では赤く光る乗り物に乗ってる方々のお世話になることは
無さそうです(笑)

なのに、ちゃっかり取り締まりレーダーは付けています(笑)

高速道路での軽自動車のメリットもあります。

それは、普通車の0.8掛けの料金で乗れます。つまりバイクと同じ料金です!

ETC装着の場合は深夜や土日祝日は30%安く乗れます!

※30%引きは郊外の高速道路に限ります。


この車で、色んな所へドンドン行こうと思います。



ここ最近の車は同じような感じで、メーカー側も安全パイを選んで、こう言う車
だったら売れるだろうと言うものばかりでしたが、こう言うポップなデザインの車が出
てきて自動車業界に光が差したようにも感じました。

若者の車離れも抑止できるかもしれません!

あるメーカーがヒットした車があると、次々に二番煎じのごとく同じような車を
作っていくの繰り返しでした。

ファミリーカーとして活躍してるミニバンもホンダが先陣を切って開発した
ジャンルの車です。そこに二番煎じのごとく同じような車を作っていく・・・

こう言う車が売れるんだな・・・これじゃ自動車業界は明るくありません。

各メーカーが多様多種の車を作って切磋琢磨してこそ面白いと思うのです。


by dreamwing2013 | 2016-02-27 22:56 | スナップ | Comments(2)